日刊的なニュース
a
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒井法子夫婦の写真がフライデーに載る
酒井法子と高相の夫婦二人の写真がフライデーに載っていました。クラブではいつもシークレットゲストとして登場していたのだそう。


二人の写真ではクスリをやったのか、目がとろんとした表情の写真があったり、顔がフラフラ状態で舌を出している高相の写真などがありました。


二人は別居するほどの関係だったそうですが、奄美大島に皆既日食を見るために出かけるなど行動は同じで、そんなに冷めた様子でもなかったようですね。


クラブにも一緒に出かけ、サーフィンも一緒に行ったり、別荘に一緒に滞在したりと。酒井法子が清純なイメージからクラブ系な感じになるほど、やはり夫のことを追い求めたい気持ちというのはずっと持っていたのかもしれませんね。





麻美ゆまって
麻美ゆまってほしのあきに似ていますね。おっぱいも丸みがあって丸っこい形をしてる。


今はアダルトビデオのAV女優は芸能人に似ている人を起用したりと、似ている人が出る場合も増えましたね。


たしか沢尻エリカも似ている人が出演したものが、あったけれど、結局発売されなかったのだとか。


そして現在では芸能人その本人が出る場合がありますね。まさかと驚くこともあります。


やはり一度芸能人として活動した方が見たいという気持ちがでるのかも。








酒井法子が事務所から解雇されましたね@
女優の酒井法子が事務所から解雇されましたね。本人はそれを覚悟はしていたそうですが。やはり一度クスリを体験してしまうと将来どうなるか分かっていても、やめられない、止まらないものなのですかね。



酒井法子は逮捕されてからも謝罪の言葉はなく、事務所とのやりとりも一切なかったみたいです。事務所としては20年近く面倒を見てきて、ここまでのタレントにしてきたのにという思いも強いでしょうね。



酒井法子は産みの母親とは幼い頃からほとんど会ったことはなく、実の父親は20歳頃に亡くなったそうなので、血のつながった肉親はいない状況にはなりますが。


そもそもの酒井法子の始まりは連絡がとれなくなったことから始まったわけですし、連絡だけでも取るようにアドバイスしてあげていたらここまで大きくはなっていなかったのかもしれません。







和田アキ子が酒井法子に対して、復帰なんかしたらあかん
歌手の和田アキ子が、禁煙成功体験をつづったエッセー本「禁煙アッコ 和田アキ子禁煙事件」を発売しました。


一応ご意見番として通っている和田アキ子は酒井法子の話に触れ、コメントしました。


「責任感が足りない。徹底的に裁きを受けたほうがいい。私もたいがい悪かったけど、新聞に載るようなことはしていない」


語気を強めさせるためにあえて質問したのか、「復帰なんかさせたらアカンでしょ。普通の会社ならクビ。悔い改めてもう一度復帰するなら、撲滅する運動から始めてほしい」


「芸能界に夢を持って入って、頑張っている人もいるのに、(薬物問題で)芸能界が甘いと思われるのは残念。報道ではもっと怖い、危ない、絶対したらアカンということを伝えてほしい」

「背筋が寒くなる。人がお亡くなりになっているのに情報が少なすぎる。脈がなくなっているとわかってから(その場から)いなくなるとか、ゾッとする。芸能界で(薬物を使っている人は)一斉摘発されたほうがいい」

「この本を読んで、たばこを吸っている人の(心の)どこかに引っかかってほしい。あの和田アキ子がやめられるなら……と思ってほしい」


酒井法子以外にもかつては覚せい剤や大麻などで逮捕された人がいますね。けれども時が経った今はそういう話も封印されてしまったような様子で、普通に芸能活動を続け、むしろビックアーティスト扱いされているのも事実ですが・・・。


ちなみに和田アキ子は年俸制ではなく月収制の給料システムになっているそうです。けれども仕事はできるだけ多くこなしていくという姿勢でやっているそうです。







8月のシンフォニーとは?
8月のシンフォニーというCMな流れていますが、川嶋あい(かわしまあい)の生い立ちに似ている映画ではなく、川嶋あい本人の幼少時代からを書いた最後の言葉を原作にした映画なのですね。


川嶋あいは母親が病弱で里親の元で育ち、10代の頃に両親を亡くしてしまうと言う経験をしています。


施設は基本的には義務教育の中学生までしかいれませんからね。いろいろと不安を抱えながら生きてきた部分もあると思います。


明日への扉では透き通る声で人気が出ました。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。